内城菌eCO農法




内城菌と農業

有機農法を研究をしていた
内城本美氏が自然界から内城菌を発見してから
内城菌を活用した栽培農法は自然循環保全農業として
水稲栽培始め
果樹、畜産、水産
に用途に使用されて多くの実績を積んで
現在に至っております。

 今日の慣行栽培農法は
市場性、利便性から農薬(化学物質)・化学肥料への
過度の依存による
環境の悪化、生態系の変化がみられるなど
環境と調和のとれた持続的な農業生産が
 立ちいかない農業の中、農政からも積極的に
「自然循環機能の維持増進」 が
不可欠であることが問われてきております。
食料供給機能、国土や環境の保全、水資源の確保といった
多面的機能を
将来にわたって発揮していく為、環境保全型農業を
促進していくことが私たちの課題であります。


個人情報の取り扱いについて