農薬連鎖

農薬(農業用化学物質)の分類
●殺虫剤 ●殺菌剤 ●除草剤
農薬の健康にあたえる影響は・・・・・人間の性別・年齢・健康状態

農薬(農業用化学物質)は有害生物を駆除することを目的とした化学物質である。植物の成長を調節する薬剤、ヘェロモン剤も農薬に含まれます。
昭和40年代に散布された農薬の有機水銀剤から比較し現在は比較的低減された農薬を使用されておりますが農業用化学物質の毒性は比較的解析されてはいると言われますが未だ化学物質が解析されていない点があり多くの被害が発生しています。

農薬(化学物質)が人間の身体に与える影響
農薬(農業用化学物質)は個々の農薬では「受け入れ可能なリスク」として薬害の病状は抑えられてきていますが複合的に殺菌剤と除草剤のように化学物質が併用して組み合わせによるものはその限りではなく影響をあたえる可能性は大きい為、農家は併用しては使用しないのが現状です。
生産者農家は市場へ出荷する畑と農家さんが食べる畑は別にしている方が多いが農薬に対する危険性を考えてのことであります。
身体に与える影響を危惧し、最近では多くの農家さんが農薬に頼らず「安心・安全な農産物」の栽培を試みる方々が多くなってきております。 
生産者と農薬
散布する人間がこうむる恐れのある影響、農薬は調合時の濃度設定時と散布時に直接肌に触れること又、天候の温度により気化しガス化したものを取り込む恐れに対する危険性が十分にあると考えられております。
人々が雨カッパ、マスク等で身体を保護し個々に農薬(農業用化学物質)の薬害に防護しておりますが被爆には不完全な常体で散布している状況が多くの地域で見られます。
近代、農薬(農業用化学物質)を販売する業界は防除する際の防護対策を使用する人々に一刻も早く啓蒙、指導し被爆被害をなくしていく必要があります。
このことは農薬(農業用化学物質)を販売に携わるする業界は人体に与える影響について使用する人々に対して企業のリスクが発生してくることも考慮していくことが必要となって来ています。
  例 
  製造した器具、アスベスト等の近代の訴訟の結果を考察してもあきらかであります。

空中散布の農薬被爆が与える影響
水田の混在している民家と隣接の畑作の耕地及び散布地の風下地一帯が農業用化学物質で汚染される現実の恐怖があります。
空中散布に要する農薬、調合時の濃度設定は通常の数十倍程と言われております。
空中散布は天候時の温度上昇時に蒸散、もしくは気化、ガス化した農業用化学物質が散布地域一帯に止まらず拡散し広範囲の農産物や人間生活空間の環境を汚染します。
現在の空中散布は農産物の農薬規制が厳しくなってきている状況にあり多くの地域で空中散布に危惧をいだき、目的以外に被爆した農産物の被爆損害に対する補償問題も考慮されてきています。

地下水、河川の汚染
降水量の多い日本では自然に恵まれた四季の季節ごとに農産物が各地で生産されて恵まれた環境にあります。
この恵まれた環境が近代農業生産活動により破壊され生物が絶滅の危機に陥り河川の汚染、地下水の汚染が危惧されております。
特に過酷な農薬が使用された生態影響評価の特異例を考察するに昭和40年代後期には日本国内で絶滅したコウノトリ、トキが一番理解される事例であります。
当時の稲作地帯の田んぼからドジョウや昆虫などの生物が畦道の用水路から姿が消え、河川の魚なども奇形したものが特に多く胴体に穴の空いた魚も存在していたことは実際の事でありましたからそれらを餌としていた鳥類の打撃は致命的でありました。
昭和30年代の従来の水田は水路、小川等が岸辺の葦等の植物により途中で濾過され、多くの植物や微生物により汚染物質が分解され汚染を軽減されてきた機能を有した田園風景がありました。
近代の管理農業の水田機能はコンクリート製品、暗渠排水設備による水田の乾田化が進み植物、微生物の関与を受けず農薬(農業用化学物質)や化学肥料による汚染が直接河川に排水され、河川や地下水の汚染される要因になっています。
農地に散布された農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤)、化学肥料などの化学物質は地下水や河川を通して飲料水中に混入していることは人体への影響が懸念されています。
化学物質の影響は「受け入れ可能なリスク」といわれて基準が人体影響に対しての安全係数値が設定されているのです。

「受け入れ可能なリスク」
農薬に限らずの安全係数値等の総合的判断は社会的、経済的環境により最終判断となることが環境や人間社会に大きなリスクと弊害をもたらしています。
近年、過去に「受け入れ可能なリスク」で容認されてきた結果、多くの被災者を出したアスベスト、薬害被害者をもたらした被災訴訟のように多くの事例が人々の人体に影響を与え大きなリスクを伴い社会的問題となっています。
農薬(農業用化学物質)・化学肥料の「受け入れ可能なリスク」は水生生物の生態を大きく歪め、里
山の自然の摂理を破壊した結果、日本において絶滅したトキやコウノトリの様に貴重な鳥獣が危機に陥れるだけではなく大地は衰え生命力を失いつつあることは勿論、私たちの食文化の安全も損なうものと危惧して止まないのであります。

生態への影響評価の背景
☆ 標的外生物に対する影響については、水産動植物への危害防止の観点から評価されてきたが、生態系への影響評価が十分に出来る仕組みとはなっていなかった。
・ 試験生物は鯉のみのため生態系保全の視点が不十分
・ 毒性評価のみで環境中の曝露量が考慮されていないため
リスク評価として不十分
☆ 「新しい環境基本計画」を踏まえ、持続可能な社会の構築を実現する上で、従来の対応に加え農薬の環境リスクの評価・管理制度の中に生態系の保全を視野にいれた取組を強化することが重要との観点から水産動植物に対する毒性に関る登録保留基準が平成15年3月28日に改正され、平成17年4月1日から施工されておりますが十分とは捗っていない現実があります。



    
個人情報の取り扱いについて