農産物と農薬(農業用化学物質)


  農薬はなぜ使われるのか

「人間活動が活発化」してきた事により「大量に効率的に生産」する社会の意向から
「高品種の安定的な農産物の栽培」を目指し「市場の規格に副った商品」にすることが
物流の要件とされてきています。


ここで私達は市場原理主義から見ても
経済競合の原理から現代の社会に於いて信頼してきた
電気家電、構築物の耐震強度、湯沸器、その他食品の偽造製品等々で
日常生活で安心、安全の信頼が崩れ
最近では公共の施設のエレベーターのはてまで直接人間の生命にかかる問題まで
信頼に対して疑念をもたらして
いることは農産物の商品についても同じことなのであります。


最近、世界の各地で農業の化学物質の汚染について研究がなされてきております。
日本国内においては立ち遅れておりますが化学物質である
農薬に大きな規制が懸けられて生産現場では凌ぎを競っております。
人間が直接口に入れる農産物と農薬(農業用化学物質)の影響について
「受け入れ可能なリスク」の大きな問題が隠されています。


新たに規制が施工されるまでの「受け入れ可能なリスク」の
安全係数値等の社会的、経済的環境で総合的判断され市場に出回った農産物は
如何なることであったのかということになります。・・・・・
化学物質が人間の生態におおきなリスクを伴い影響およぼすことを
暗黙のうちに処理されていくことに他ならないのです。


農業生産現場から見た農産物は農薬(農業用化学物質)の云々は
二の次で付加価値のある高品種の栽培を市場の規格に副った
商品の生産を目指していることは
云う事までもなく疑いの余地がありません。
農産物と農薬(農業用化学物質)の影響については
私たち個人々の責任において社会的環境に惑わされることなく
考察されることが必要になってきております。

個人情報の取り扱いについて